魂は皆にあるものなのですか?

 
魂は皆にあるものなのですか?

『魂』は全員にひとつずつあります。

 

人の体は頭から爪先までの身体が60〜80兆個の細胞でできています。その身体の回りにエネルギー体のオーラがあります。身体のなかにはチャクラと呼ばれるコアなボール大のエネルギーが7つあります。『魂』は胎児が5ヵ月くらいになると霊界から下りてきて入魂します。胎児が出産されて赤ちゃんになり、成長して子供〜大人になるに従って身体やオーラの中で生息しています。頭の辺りにいたり、胸の辺りにいたり、足元辺りにいたりしています。

 

オーラとは幽体のことです。幽体離脱と言う現象がありますが、睡眠中にオーラが身体から離れて空間を浮遊したり目的地まで飛んで行って、何かを体験して戻って来ることを言います。また『魂』が睡眠中に身体から抜け出して浮遊することを『魂飛入圏(こんぴにゅうけん)』と言い、地球の裏側へ飛んで入ったり地球の中へ入って行く、余所の星まで飛んで行って何かを体験して来ることです。バーチャルリモートに似ていますが現実なのです。

 

『魂』とは人の体に入って生命活動をしているときの状態中に身体内で活動している時の呼び名です。直径22センチくらいのクラゲさんのようなものです。生命活動が維持出来なくなったとき、身体から離れて身体外へ出てしまった状態を『霊』と呼び名を変えます。そして霊界へ移ります。これを「旅立ち」と言います。

 

霊界から胎児へ入りに行くことを「ゴー・トゥー・トラベル」と言います。(笑) 霊界とは人が生活している空間と同じ場所です。地上0メートルから高いところで海抜80キロくらいまでです。大気圏内です。しかし魂は場合によっては大気圏を出て宇宙空間や他の星へ旅をすることも可能です。それを『魂飛入圏トラベル』と呼びます。しかし今の人類だけではできません。次元の高い宇宙のおともだちと共に同伴トラベルして貰わないと出来ません。

 

お問い合わせ:連絡先

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町3-16-15
Phone 090-3512-5332 Fax 0422-29-9018
メール m.yawayama@gmail.com

携帯メール kiss567@ezweb.ne.jp